変態チャット

D(ナイトワーカー)「ブランドのカバンとか気前のいい人多いですよ。わたしだって、何人かまとめて同じもの欲しがって1個は自分用であとは質屋に流す」
筆者「マジですか?お客さんの気持ちは質に出すんですか?」
D(キャバ嬢をしている)「でもさ、ふつうオークションだしますよ。取っておいても邪魔になるだけだし、シーズンごとに変わるので売り払った方がメーカーだってうれしいでしょ?」
E(国立大に通う十代)信じられないかもしれないですが、変態チャットDさん同様、私も買取にだしますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)ネットの出会いで何十人もお金が手に入るんですね…私は今までお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんの体験談を詳しく聞きましょう。変態チャットのなかにはどんな異性と直で会いましたか?

変態チャットは見た目が9割

C「ブランド品なんて誰もくれませんでした。多くの人は、気持ち悪い系でおしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしはというと変態チャット、出会い系を利用してこの人はどうかなってやり取りをしていたのにいきなりホテルに連れてかれそうになって信じられませんでした。」
筆者「変態チャットを利用して、変態チャットどんな異性と期待しているんですか?
C「何言ってるんだって言われても、医師の方とか弁護士の方とか国立大学にいるような優秀な男性がいいです。

結局最後に笑うのは変態チャット

E(国立大に在学中)わたしはですね、今は国立大にいますが、変態チャットの中にも出世しそうなタイプはいる。とはいえ変態チャット、根暗なイメージです。」
変態チャットに関しても、変態チャット趣味や嗜好に偏りの激しい男性を遠ざける女性はなんとなく少なからずいるようです。
オタク文化がアピールしているかに感じられる国内でも、まだ一般の人には見方は薄いようです。
今朝インタビューを成功したのは、驚くことに、以前からステマのパートをしている五人のおじさん!
欠席したのは変態チャット、メンズクラブで働くAさん、貧乏学生のBさん、売れっ子クリエイターのCさん、タレントプロダクションに所属する予定だというDさん変態チャット、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「始めに変態チャット、辞めたキッカケを確認していきましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンズキャバクラ勤務)「俺は、女性心理が理解できると考え辞めました」
B(現役大学生)「自分は、変態チャット収入が得られれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(作家)「おいらは、歌手をやってるんですけど、変態チャットまだ素人同然なんで少ししか稼げないんですよ。有名になる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのが一番なんで、、こんなことやりたくないのですが、差し詰めアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「私は、○○ってタレント事務所に所属してピアニストを夢見てがんばってるんですが、一度のステージで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(若手芸人)「実際は、オレもDさんと似た状況で、変態チャット1回のコントで僅か数百円の貧乏生活してるんです。先輩に紹介していただき、変態チャットステルスマーケティングの仕事をするに至りました」
意外や意外、変態チャット五人のうち三人ものメンバーがタレント事務所に未所属という素敵なメンバーでした…、それなのに話を聞いて確認してみたところ、五人にはステマ特有の苦労があるようでした…。